P.P.Pasolini’s Bestia da stile『文体の獣』

P.P.パゾリーニの戯曲初翻訳初演シリーズ第三弾!
1965年から1974年(死の前年)まで書き替えられ続けたパゾリーニの<自伝>詩劇

10月13日(土)〜21日(日)テアトルBONBON(中野)(中野駅下車徒歩5分 ポケットスクエア)

-前売開始 2012年8月28日(火)
ティーファクトリーオンラインチケットサービス会員様には先行優待予約受付あり!
ご登録随時受付中!

<公演日程>
10/13(土)18:00
10/14(日)14:00 18:00
10/15(月)19:00
10/16(火)15:00 19:00
10/17(水)19:00
10/18(木)15:00 19:00
10/19(金)19:00
10/20(土)14:00 18:00
10/21(日)14:00
開場は開演30分前

<料金 全席指定>
前売4500円 当日4800円 
30歳以下3900円(各回枚数限定、ティーファクトリー予約のみ取扱、当日精算・要確認書提示)

<前売取扱い>
ティーファクトリーオンラインチケットサービス
イープラス
チケットぴあ tel.0570-02-9999[Pコード:423-144]

CAST

結城一糸(江戸糸あやつり人形座
中村 崇

葉山レイコ

小谷真一
南 かおり
松田光宏
芦田 崇
蓮見のりこ

麻生絵里子
片岡ちひろ
鮎川じゅんな
緒形水咲
梅村綾子
清水さと

山本達也
田中孝宗
田中真之
川崎勇人
結城敬太(江戸糸あやつり人形座)

千葉哲也

STAFF

作:ピエル・パオロ・パゾリーニ 翻訳:石川若枝
構成・演出:川村毅 衣裳・美粧・人形デザイン:宇野亜喜良

照明:奥田賢太(colore) 音響:原島正治 映像:今西祥太  衣裳・美粧助手:野村直子
演出助手:小松主税 舞台監督:小笠原幹夫(劇工房 双真)

翻訳協力:ロレータ・グアーリオ
宣伝美術:マッチアンドカンパニー 製作:平井佳子/ティーファクトリー
協力:江戸糸あやつり人形座、オフィスまとば、浅井企画、俳優座、ノックアウト、RTC、キャンパスシネマ、サディーカ、文学座、現代制作舎、ダブルアップエンタテインメント

平成24年度文化庁芸術祭参加作品
後援:イタリア文化会館
助成:文化芸術振興費補助金(トップレベルの舞台芸術創造事業)
主催:ティーファクトリー


illustration:AQUIRAX design:Satoshi Machiguchi

☆☆☆

出演者ワークショップ・オーディションのお知らせ

ティーファクトリーでは、イタリアの詩人・映画監督として知られるピエル・パオロ・パゾリーニの戯曲集に収められた代表作6作品を、川村毅構成・演出により日本初演することを企画しています。

昨年の『豚小屋』、4月上演『騙り。』につづき、10月に『文体の獣』を上演いたします。
少年が様々の事象と出会いながら詩人になっていくという物語、パゾリーニの自伝といわれるこの作品を、この独特な世界観に共感をもつ新しく出会う才能・個性豊かな俳優たちと創りたいと願い、ワークショップ・オーディションを行います。

■市販の履歴書項目(メールアドレスもお知らせ下さい)・芸歴・特技・話せる方言(あれば)+顔・全身写真を、事務所までご郵送ください。
5月末日募集〆切。書類審査の上、詳細をご連絡します。
6月12日・13日オーディション予定(NG時間帯がある方はお知らせください)
9月13日より稽古予定。

〒160-0023東京都新宿区西新宿3-5-12-405 ティーファクトリー

<文体の獣・登場人物表>
コロス 
ヤン 
薄暮 
薄暮の意味 
カロンテ 
農村世界 
言葉以前 
バイソン 
官僚たち 
寛大な人 
ネズミとハエ 
カエル 
異端の官僚たち 
正統派の官僚たち 
スミレ 
アヤメ 
研ぎ師 
材木 
薬剤師 
食料品屋 
運命 
ある母親 
第三の異端の官僚たち 
1938年 
「運命」のカラス 
ヒューマニズム 
社会学者 
シュンペーター 
コーンハウザー 
マンハイム 
ホッファー 
ヴァン・ミーゼス 
ド・ジュヴネル 
ヴェブレン 
湿った空気 
黄昏 
妹 
母親(のち、母親の亡霊) 
父親(のち、父親の影) 
カレル(のち、カレルの亡霊) 
ノヴォメスキー  
パルチザンの少年 
フィド(ユダヤ人の死体) 
ボンゴ(ユダヤ人の死体) 
資本 
革命

(c) T Factory All Rights Reserved.


k-doc script by Office K.